夏日

文庫本一冊とカメラを持って近くの公園を歩いている。気温は30℃、夏日です。

若い頃は、夏は、”日にやけたほほよせて---“、と『恋のヴァカンス』の歌詞のようなことが起こりそうな期待感がありました。今は、この夏の暑さを無事越せるかが心配です。

a0058105_01435512.jpg



それでも夏の花は色鮮やかで、木陰のシロツメクサの上に座ると、遠い日の夏草の匂いがします。
a0058105_01472805.jpg

a0058105_01485627.jpg


ところで、この赤いたわしのような花は、なんて言うんだろう。
a0058105_01552773.jpg

a0058105_01554519.jpg


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

by mscomtec | 2017-05-23 02:04 | Essay | Comments(0)