愛宕山


面会時間が長い連休中は、妻を相手に朝から晩まで大学病院で過ごしている。病院とその周りにはタバコが吸える場所がない。道を挟んだ愛宕山の頂上のNHK博物館の前には灰皿がある。妻がうとうとした頃に抜け出してタバコを吸いに行っている。

愛宕山
標高25.7m、東京23区では最高峰の自然の山だそうです。それでも昔は山の頂上から江戸城、江戸の町、芝浦の海が一望できたでしょう。今は周りに立ち並ぶ高層ビル、高層マンションから見下ろされています。

出世の石段
徳川家光が徳川家菩提寺の増上寺参拝の帰り、愛宕山の頂上に咲く梅の花を見て、
「誰ぞ、この石段を馬で駆け上り、梅の枝を折って来るものはおらぬか」と言ったところ、一人の武士が馬で駆け上り、梅の枝を折って駆け下りてきたという逸話から、「出世の石段」と呼ばれています。事実なようです。後の世になって、数名の馬術家が挑戦して可能であることを証明しています。

a0058105_00334923.jpg
それにしても急な石段です。足を滑らして転げ落ちたら大怪我ではすみません。
私は出世とは無縁なので、リスクのある石段は使いません。NHK博物館側にあるエレベーターで上り、下りしてます。
a0058105_00345029.jpg

a0058105_00412364.jpg


a0058105_00414740.jpg



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ



by mscomtec | 2017-05-03 00:53 | 東京散歩 | Comments(0)