写真のないフォトエッセイ:エコ心

a0058105_21455086.png



大学病院の検査室の待合室で検査が終わるのを待っている。今日の検査は? 検査室の案内板は「エコ心」となっている。”エコごごろ”ではなく”エコしん”と読むようだ。その下に英語で”Ecocardiography”と書かれている。医学用語にはなじみがない。暇なのでiPhoneで調べてみた。

An echocardiogram (also called an echo) is a type of ultrasound test that uses high-pitched sound waves that are sent through a device called a transducer. The device picks up echoes of the sound waves as they bounce off the different parts of your heart. These echoes are turned into moving pictures of your heart that can be seen on a video screen.———

超音波をあてて、心臓の各部所からはね返える音波を検知して、それをビデオスクリーンで可視化して心臓の血流の状態を見る装置のようだ。

そのとなりに、”Treadmill”と書かれている。treadは踏む、millは水車です。

a piece of exercise equipment with a flat moving surface that you walk or run on while staying in the same place

なんだ、ルームランナーのことでした。そう言えば、娘たちが子供の頃飼っていたモルモットのケージに, 運動不足解消のために”回し車”を置いていました。まさにtreadmillですね。

検査室のTreadmillは、運動前、運動後の心臓に出入りする血流をみるためでしょうか。

心臓には異常がなかったようです。病院のなかにある蕎麦屋で食事して帰りましょう。ひとつの街のように広い大学病院に、はじめは戸惑っていましたが、すっかり慣れてしまいました。



by mscomtec | 2017-04-06 08:00 | Essay | Comments(0)