梅雨の晴れ間の愛宕山

a0058105_00400799.jpg

HERは手術を終え、病室で韓国ドラマを見ている。病院を出て、しばらくぶりに愛宕山に登ってみた。初めて登ったのが2月の寒い日でした。いつのまにか桜が咲いて散って、そして今日は炎天の夏日です。

愛宕山は、東京23区の最高峰の山といっても標高25mで、高層ビルの谷間に浮かぶ緑の箱舟のような山です。
時空がゆがんでいるかのようにのんびりしている。リードをしてない犬が歩き回り、猫は木陰の冷えたコンクリートで昼寝している。
a0058105_00391358.jpg
(野良犬ではありません)
a0058105_00413836.jpg
100円のお賽銭には見合わないほどのたくさんのお願いをしました。
a0058105_00440012.jpg
厄年を見ている。私の歳になると、もう厄年はありません。ないというより、毎年が厄年なのでしょうか。まあ、どうでもいいということなのでしょうね。
a0058105_00451716.jpg
神社の前に茶屋があります。
a0058105_00530618.jpg
アイスコーヒーを飲んで病院に戻りましょう。
a0058105_00550730.jpg
変わることない急な「出世の石段」です。もう私には「出世」は無用の言葉なので、NHK放送会館の前のエレベーターで降りましょう。
a0058105_00573023.jpg
長い闘病生活......と言った、深刻さはありません。退院した朝、HERは「モーニング」食べたいと言うので、病院の近くの喫茶店に入りました。HERは、いつになく雄弁です。幸福感は相対的なものです。
a0058105_01273285.jpg









by mscomtec | 2017-07-09 01:33 | 東京散歩 | Comments(0)