写真のないフォトエッセイ:ガラスコップは割れたけど


a0058105_21455086.png


大学病院の面会時間まで1時間ある。御成門の地下鉄を出たところの喫茶店エクセルシオールに寄った。


二階にあがる階段で、ガシャンと音がして、アイスコーヒーが飛び散って来た。60歳くらいのサラリーマンがトレーからアイスコーヒーを滑り落とし、あわてて割れたガラス片を拾おうとしている。お店の女性が駆け上がってきて、「お客さん、怪我をします。そのままにしてください。新しいのすぐお持ちしますから、二階の席でお待ちください」と言った。実直そうなサラリーマンは本当にすまなそうに、「悪いことしたな」と謝っている。そして私に「服汚れませんでしたか」と言った。



日本を観光に訪れた中国人が微博(Weibo)に、こんなことを書いていた。東京駅の八重洲地下街で、おみやげに買ったお酒をお店の前で落としてしまった。すると、お店の人がさっとすべてを片付けて、笑顔で新しいお酒を渡してくれた。信じられないことだったと。


さて、HERは毎日来なくてもいいよ、とは言っているが時間通りに行かないと心配するから。今日、梅雨の雨が降り出した。



父が喜びそうなギフト

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


by mscomtec | 2017-06-13 16:46 | Essay | Comments(0)