NEW POST

鎌倉 長谷寺

長谷寺

長谷寺に着いた。

西加奈子の小説『窓の魚』の冒頭の文章を思い出した。文体をそのまま真似ると、

紅葉の見頃は過ぎていたが、この朽ち際の紅の方が、私は絢爛な紅葉よりも、きっと好きだ。目に乱暴に飛び込んでくるのではなく、目をつむった後に寂びた背景のように浮かぶ、おごりを捨てた赤である。

鎌倉は旬な季節でなくていい、もっと早く来れば良かったなど、と思っていない。。。

a0058105_19071334.jpg

a0058105_19084823.jpg

a0058105_19204993.jpg



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ




by mscomtec | 2017-12-09 19:11 | 鎌倉 | Comments(0)

Photo Essay


by mscomtec